ライフネット生命保険株式会社

子育て世代を応援するライフネット生命による、「人生と仕事とお金」をテーマにした公式no…

ライフネット生命保険株式会社

子育て世代を応援するライフネット生命による、「人生と仕事とお金」をテーマにした公式noteです。保険や社会保障、転職、病気など、生活の「困った」「わからない」に寄り添うさまざまな記事を発信していきます。また、ライフネット生命社員の“顔が見える”発信も行なっていきます!

マガジン

  • ライフネットジャーナル

    人生をより豊かに楽しく過ごすために読みたい記事や、仕事の合間の息抜きに肩の力を抜いて読める記事などをまとめています。

  • 暮らしと人生に大切なこと

    人生をより豊かに楽しく過ごしたい、自分と家族の健康を大切にしたい、社会人としてもうひとつレベルアップしたい……そんなときに役立つ記事を集めました。

  • 人生の悩みはお金の悩み

    人生を過ごす中で、お金についての悩みを抱えたままにしている人も多いでしょう。そんな人たちの相談に、ファイナンシャルプランナーの黒田先生がすっきりわかりやすく答えてくれます。

  • だんだんわかるお金のマガジン

    「自助」が重要な今の時代、お金についての知識をつけることも大切です。このマガジンでは、税金や資産運用など、お金に関する記事をまとめています。

  • だれも教えてくれなかった社会保障

    年金や健康保険などの社会保障制度は、意外と知らないことも多いもの。そんな「だれも教えてくれなかった社会保障」について、社会保険労務士としても活躍するファイナンシャルプランナーの中村先生に教えてもらいます。

ライフネットジャーナル

人生をより豊かに楽しく過ごすために読みたい記事や、仕事の合間の息抜きに肩の力を抜いて読める記事などをまとめています。

くわしく見る

ライフネット生命の一人ひとりが大切にする価値観「Lifenetter Values」とは

ライフネット生命は2024年5月、開業16周年を迎えました。 ライフネット生命では、会社の経営理念であり社員の行動指針として「ライフネットの生命保険マニフェスト」を掲げています。これに加えて新たに、ライフネット生命で働くすべての人が大切にする価値観「Lifenetter Values(ライフネッターバリュー)」を策定しました。 その経緯について、開業時からライフネット生命を支えている執行役員の片田と、人事総務部の窪川に話を聞きました。 開業16年を迎えて「Lifenet

スキ
20

フリーランスとして独立したい。どんな点に注意すればいい?【FP黒田の人生相談】

小学3年生のお子さんを持つ40代の相談者さん。現在は会社員として働いていますが、副業でWebデザイナーの仕事も請け負っています。だんだん副業の収入が増えてきたので、いずれは会社を辞め、Webデザイナーとして独り立ちしたいとか。でも、安定的な収入が得られるのか不安でもあります。 フリーとして独立した場合、どんな点に注意すればいいのでしょう。フリーランスの大先輩、黒田さんが自らの経験を生かして鋭くお答えします。 仕事の安請け合いは厳禁ずばり、フリーとして働く場合のポイントは3

スキ
16

他人の健康保険証を借りて病院を受診しても違法じゃないよね?…ってちょっと待って!

社会保険労務士(社労士)でもあるファイナンシャル・プランナーの中村薫先生が教えてくれる「だれも教えてくれなかった社会保障」シリーズ。今回は、病院に行きたいのに健康保険証がない! そんなときにやってはいけないことについて、薫先生に教えてもらいましょう! 旅行先などで具合が悪くなり健康保険証(以下、保険証)がなくて困っているときに、友達などから「貸してあげるよ」と言われたら、もしかしたら借りたくなってしまうかもしれませんよね。 でも、ちょっと待ってください。法律的には、どうなん

スキ
20

がんになったのは身近な人……家族を支えていくために何をするべき?【FP黒田の人生相談】

今回の相談者さんは40代の男性会社員。奥様のがんが最近、発覚したそうです。告知を受け、沈みこむ奥様を支える相談者さんは、「自分にできることは何でしょうか」という相談を寄せてくれました。がんサバイバーであり、さまざまながん患者さんやそのご家族とも接し、病気についてもお金についても豊富な知識を持つ黒田さんが、自らの体験を踏まえて回答します。 言いたいことを伝えよう奥様ががんの告知を受けられたとのこと。これからのことを考えると、どうすべきか悩まれるお気持ち重々お察しします。ご家族

スキ
18

人生の悩みはお金の悩み

人生を過ごす中で、お金についての悩みを抱えたままにしている人も多いでしょう。そんな人たちの相談に、ファイナンシャルプランナーの黒田先生がすっきりわかりやすく答えてくれます。

くわしく見る

フリーランスとして独立したい。どんな点に注意すればいい?【FP黒田の人生相談】

小学3年生のお子さんを持つ40代の相談者さん。現在は会社員として働いていますが、副業でWebデザイナーの仕事も請け負っています。だんだん副業の収入が増えてきたので、いずれは会社を辞め、Webデザイナーとして独り立ちしたいとか。でも、安定的な収入が得られるのか不安でもあります。 フリーとして独立した場合、どんな点に注意すればいいのでしょう。フリーランスの大先輩、黒田さんが自らの経験を生かして鋭くお答えします。 仕事の安請け合いは厳禁ずばり、フリーとして働く場合のポイントは3

スキ
16

がんになったのは身近な人……家族を支えていくために何をするべき?【FP黒田の人生相談】

今回の相談者さんは40代の男性会社員。奥様のがんが最近、発覚したそうです。告知を受け、沈みこむ奥様を支える相談者さんは、「自分にできることは何でしょうか」という相談を寄せてくれました。がんサバイバーであり、さまざまながん患者さんやそのご家族とも接し、病気についてもお金についても豊富な知識を持つ黒田さんが、自らの体験を踏まえて回答します。 言いたいことを伝えよう奥様ががんの告知を受けられたとのこと。これからのことを考えると、どうすべきか悩まれるお気持ち重々お察しします。ご家族

スキ
18

家計管理の方法も“持続可能性”が大切!?【FP黒田の人生相談】

家計簿をつけた方がいいとわかっていても、面倒くさくてやる気になれない。数字は苦手だし、飽きっぽいので続ける自信がない……という方も多いのではないでしょうか。今回の相談者さんもその一人。 支出と収入をしっかり管理したいと思いつつ、難しいイメージがあってなかなか手を付けられずにいます。赤字にはならないので、なんとなくお金を使ってしまっているそうです。 簡単で、かつ継続しやすい家計管理の方法はあるのでしょうか。黒田先生がずばり指南します。 通帳を使って収支を知ろう簡単で効果的な家

スキ
18

子どもが社会人になったらお金を家に入れてもらうべきでしょうか?【FP黒田の人生相談】

今回の相談者さんは社会人1年目のお子さんをお持ちの49歳の主婦。お子さんは実家暮らしを続け、家を出ていく予定はないそうです。 一緒に暮らせてよかったと思いながらも、相談者さんが気になるのが生活費。子どもに生活費を入れてもらってはいませんが、「我が家ではもらっている」というママ友の話を聞くとつい考えてしまいます。 働き始めたとはいってもまだ手取りは少ないはず。とはいえ、社会人なのだからちゃんと生活費を入れてもらうべき? 相談者さんの心は揺れ動きます。さて、黒田先生の判断やいかに

スキ
16

暮らしと人生に大切なこと

人生をより豊かに楽しく過ごしたい、自分と家族の健康を大切にしたい、社会人としてもうひとつレベルアップしたい……そんなときに役立つ記事を集めました。

くわしく見る

フリーランスとして独立したい。どんな点に注意すればいい?【FP黒田の人生相談】

小学3年生のお子さんを持つ40代の相談者さん。現在は会社員として働いていますが、副業でWebデザイナーの仕事も請け負っています。だんだん副業の収入が増えてきたので、いずれは会社を辞め、Webデザイナーとして独り立ちしたいとか。でも、安定的な収入が得られるのか不安でもあります。 フリーとして独立した場合、どんな点に注意すればいいのでしょう。フリーランスの大先輩、黒田さんが自らの経験を生かして鋭くお答えします。 仕事の安請け合いは厳禁ずばり、フリーとして働く場合のポイントは3

スキ
16

がんになったのは身近な人……家族を支えていくために何をするべき?【FP黒田の人生相談】

今回の相談者さんは40代の男性会社員。奥様のがんが最近、発覚したそうです。告知を受け、沈みこむ奥様を支える相談者さんは、「自分にできることは何でしょうか」という相談を寄せてくれました。がんサバイバーであり、さまざまながん患者さんやそのご家族とも接し、病気についてもお金についても豊富な知識を持つ黒田さんが、自らの体験を踏まえて回答します。 言いたいことを伝えよう奥様ががんの告知を受けられたとのこと。これからのことを考えると、どうすべきか悩まれるお気持ち重々お察しします。ご家族

スキ
18

認知症とともに生きる社会を目指して―ライフネット生命×エーザイ×なかやまきんに君イベントレポート

2024年4月16日、ライフネット生命は、認知症のリアルに向き合うイベント「認知症とともに生きる2024」を開催しました。 当社は、エーザイ株式会社と共同で開発した、認知症や軽度認知障害 (MCI)の早期発見・早期治療をサポートする認知症保険「be」を2024年4月1日から販売しています。同イベントは、高齢化社会における生活者の医療・介護に係る負担の軽減に貢献することを目指す活動の一環として開催しました。 エーザイ株式会社の常務執行役を務める内藤景介さんや、認知症の専門医・

スキ
42

認知症保険を発売して現役世代の負担を軽減する……ライフネット生命が保険に掛ける思いとは

2024年4月1日、ライフネット生命は新たに認知症保険「be」の発売を開始しました。 「子育て世代の保険料を半分にして、安心して子どもを産み育てることができる社会を作りたい」という思いで生まれ、若い世代の負担軽減に取り組むライフネット生命が、認知症保険の発売に踏み切ったのにはある理由があります。 エーザイとライフネット生命が共同開発した認知症保険「be」ライフネット生命の認知症保険「be」は、2022年8月より協業に向けた資本業務提携契約を締結したエーザイ社と共同で開発を行

スキ
23

だれも教えてくれなかった社会保障

年金や健康保険などの社会保障制度は、意外と知らないことも多いもの。そんな「だれも教えてくれなかった社会保障」について、社会保険労務士としても活躍するファイナンシャルプランナーの中村先生に教えてもらいます。

くわしく見る

他人の健康保険証を借りて病院を受診しても違法じゃないよね?…ってちょっと待って!

社会保険労務士(社労士)でもあるファイナンシャル・プランナーの中村薫先生が教えてくれる「だれも教えてくれなかった社会保障」シリーズ。今回は、病院に行きたいのに健康保険証がない! そんなときにやってはいけないことについて、薫先生に教えてもらいましょう! 旅行先などで具合が悪くなり健康保険証(以下、保険証)がなくて困っているときに、友達などから「貸してあげるよ」と言われたら、もしかしたら借りたくなってしまうかもしれませんよね。 でも、ちょっと待ってください。法律的には、どうなん

スキ
20

新社会人! 後悔しない&安心してお金を使うために

社会保険労務士(社労士)でもあるファイナンシャル・プランナーの中村薫先生が教えてくれる「だれも教えてくれなかった社会保障」シリーズ。 前回のコラムで「給与」の中身についてわかったところで、後編は貯蓄の仕方について、中村先生に教えてもらいましょう! *前回はこちら↓ 後悔しない&安心してお金を使うためにやってみてほしいこと社会人になると、大きな支出を伴う予定や夢を意識しはじめるかもしれませんね。 たとえば、学生のときよりも趣味にドーンとお金を使いたい、将来独立して新しいこ

スキ
23

新社会人! 初めての給与をもらったら気をつけるポイント

社会保険労務士(社労士)でもあるファイナンシャル・プランナーの中村薫先生が教えてくれる「だれも教えてくれなかった社会保障」シリーズ。 今回は、初めての社会人生活を迎える方に向けて、給与の「中身」についてです。基本的なことは知っておきたいものですよね。中村先生に教えてもらいましょう! 知っておいて欲しい給与の中身とマネープランの基礎社会人になると、学生時代のバイト代よりも、受け取る給与の額が多くなる方もいるでしょう。また、仕事に慣れるまでは心身共に大変でしょうけれども、自由に

スキ
32

病気やケガで働けない時に申請を!傷病手当金に注目!

社会保険労務士(社労士)でもあるファイナンシャル・プランナーの中村薫先生の「だれも教えてくれなかった社会保障」シリーズ。病気やケガで休職せざるを得ないときに使える「傷病手当金」、ご存じですか? 中村先生いわく、「日常的に使うものではないので、意外と知らない人が多い」のだとか。基本のポイントを教えてもらいましょう! 傷病手当金ってなに?傷病手当金とは、病気休業中で通常よりも給与が少ない時のための公的な制度です。対象となるのは、基本的には会社員や公務員の方です。長い間会社を休

スキ
25

だんだんわかるお金のマガジン

「自助」が重要な今の時代、お金についての知識をつけることも大切です。このマガジンでは、税金や資産運用など、お金に関する記事をまとめています。

くわしく見る

他人の健康保険証を借りて病院を受診しても違法じゃないよね?…ってちょっと待って!

社会保険労務士(社労士)でもあるファイナンシャル・プランナーの中村薫先生が教えてくれる「だれも教えてくれなかった社会保障」シリーズ。今回は、病院に行きたいのに健康保険証がない! そんなときにやってはいけないことについて、薫先生に教えてもらいましょう! 旅行先などで具合が悪くなり健康保険証(以下、保険証)がなくて困っているときに、友達などから「貸してあげるよ」と言われたら、もしかしたら借りたくなってしまうかもしれませんよね。 でも、ちょっと待ってください。法律的には、どうなん

スキ
20

家計管理の方法も“持続可能性”が大切!?【FP黒田の人生相談】

家計簿をつけた方がいいとわかっていても、面倒くさくてやる気になれない。数字は苦手だし、飽きっぽいので続ける自信がない……という方も多いのではないでしょうか。今回の相談者さんもその一人。 支出と収入をしっかり管理したいと思いつつ、難しいイメージがあってなかなか手を付けられずにいます。赤字にはならないので、なんとなくお金を使ってしまっているそうです。 簡単で、かつ継続しやすい家計管理の方法はあるのでしょうか。黒田先生がずばり指南します。 通帳を使って収支を知ろう簡単で効果的な家

スキ
18

子どもが社会人になったらお金を家に入れてもらうべきでしょうか?【FP黒田の人生相談】

今回の相談者さんは社会人1年目のお子さんをお持ちの49歳の主婦。お子さんは実家暮らしを続け、家を出ていく予定はないそうです。 一緒に暮らせてよかったと思いながらも、相談者さんが気になるのが生活費。子どもに生活費を入れてもらってはいませんが、「我が家ではもらっている」というママ友の話を聞くとつい考えてしまいます。 働き始めたとはいってもまだ手取りは少ないはず。とはいえ、社会人なのだからちゃんと生活費を入れてもらうべき? 相談者さんの心は揺れ動きます。さて、黒田先生の判断やいかに

スキ
16

長期休暇を有意義に過ごしたい人にはこのタイミングでの保険見直しがおすすめ!

年に数回訪れる長期休暇は、社会人になるとその使い方をより有意義にしたくなるものですよね。例えば家族と過ごす時間を増やしたり、友人と遊びの予定を立てたり、自分ひとりでのんびり過ごしたいと考える人もいるでしょう。また普段やろうやろうと思いつつそのままにしていることを済ませるのも、また有意義な過ごし方といえるでしょう。 休暇を過ごすならどうやって?一番人気は「旅行」皆さんは、自由な時間を過ごせるとしたら、どのようなことに時間を使いたいと思いますか? 内閣府による「国民生活に関す

スキ
14