ライフネット生命保険株式会社

子育て世代を応援するライフネット生命による、「人生と仕事とお金」をテーマにした公式no…

ライフネット生命保険株式会社

子育て世代を応援するライフネット生命による、「人生と仕事とお金」をテーマにした公式noteです。保険や社会保障、転職、病気など、生活の「困った」「わからない」に寄り添うさまざまな記事を発信していきます。また、ライフネット生命社員の“顔が見える”発信も行なっていきます!

マガジン

  • ライフネットジャーナル

    人生をより豊かに楽しく過ごすために読みたい記事や、仕事の合間の息抜きに肩の力を抜いて読める記事などをまとめています。

  • 暮らしと人生に大切なこと

    人生をより豊かに楽しく過ごしたい、自分と家族の健康を大切にしたい、社会人としてもうひとつレベルアップしたい……そんなときに役立つ記事を集めました。

  • 人生の悩みはお金の悩み

    人生を過ごす中で、お金についての悩みを抱えたままにしている人も多いでしょう。そんな人たちの相談に、ファイナンシャルプランナーの黒田先生がすっきりわかりやすく答えてくれます。

  • だんだんわかるお金のマガジン

    「自助」が重要な今の時代、お金についての知識をつけることも大切です。このマガジンでは、税金や資産運用など、お金に関する記事をまとめています。

  • だれも教えてくれなかった社会保障

    年金や健康保険などの社会保障制度は、意外と知らないことも多いもの。そんな「だれも教えてくれなかった社会保障」について、社会保険労務士としても活躍するファイナンシャルプランナーの中村先生に教えてもらいます。

最近の記事

ライフネット生命の一人ひとりが大切にする価値観「Lifenetter Values」とは

ライフネット生命は2024年5月、開業16周年を迎えました。 ライフネット生命では、会社の経営理念であり社員の行動指針として「ライフネットの生命保険マニフェスト」を掲げています。これに加えて新たに、ライフネット生命で働くすべての人が大切にする価値観「Lifenetter Values(ライフネッターバリュー)」を策定しました。 その経緯について、開業時からライフネット生命を支えている執行役員の片田と、人事総務部の窪川に話を聞きました。 開業16年を迎えて「Lifenet

    • フリーランスとして独立したい。どんな点に注意すればいい?【FP黒田の人生相談】

      小学3年生のお子さんを持つ40代の相談者さん。現在は会社員として働いていますが、副業でWebデザイナーの仕事も請け負っています。だんだん副業の収入が増えてきたので、いずれは会社を辞め、Webデザイナーとして独り立ちしたいとか。でも、安定的な収入が得られるのか不安でもあります。 フリーとして独立した場合、どんな点に注意すればいいのでしょう。フリーランスの大先輩、黒田さんが自らの経験を生かして鋭くお答えします。 仕事の安請け合いは厳禁ずばり、フリーとして働く場合のポイントは3

      • 他人の健康保険証を借りて病院を受診しても違法じゃないよね?…ってちょっと待って!

        社会保険労務士(社労士)でもあるファイナンシャル・プランナーの中村薫先生が教えてくれる「だれも教えてくれなかった社会保障」シリーズ。今回は、病院に行きたいのに健康保険証がない! そんなときにやってはいけないことについて、薫先生に教えてもらいましょう! 旅行先などで具合が悪くなり健康保険証(以下、保険証)がなくて困っているときに、友達などから「貸してあげるよ」と言われたら、もしかしたら借りたくなってしまうかもしれませんよね。 でも、ちょっと待ってください。法律的には、どうなん

        • がんになったのは身近な人……家族を支えていくために何をするべき?【FP黒田の人生相談】

          今回の相談者さんは40代の男性会社員。奥様のがんが最近、発覚したそうです。告知を受け、沈みこむ奥様を支える相談者さんは、「自分にできることは何でしょうか」という相談を寄せてくれました。がんサバイバーであり、さまざまながん患者さんやそのご家族とも接し、病気についてもお金についても豊富な知識を持つ黒田さんが、自らの体験を踏まえて回答します。 言いたいことを伝えよう奥様ががんの告知を受けられたとのこと。これからのことを考えると、どうすべきか悩まれるお気持ち重々お察しします。ご家族

        ライフネット生命の一人ひとりが大切にする価値観「Lifenetter Values」とは

        マガジン

        • ライフネットジャーナル
          71本
        • 人生の悩みはお金の悩み
          17本
        • 暮らしと人生に大切なこと
          33本
        • だれも教えてくれなかった社会保障
          13本
        • だんだんわかるお金のマガジン
          25本
        • がんと就労
          8本

        記事

          認知症とともに生きる社会を目指して―ライフネット生命×エーザイ×なかやまきんに君イベントレポート

          2024年4月16日、ライフネット生命は、認知症のリアルに向き合うイベント「認知症とともに生きる2024」を開催しました。 当社は、エーザイ株式会社と共同で開発した、認知症や軽度認知障害 (MCI)の早期発見・早期治療をサポートする認知症保険「be」を2024年4月1日から販売しています。同イベントは、高齢化社会における生活者の医療・介護に係る負担の軽減に貢献することを目指す活動の一環として開催しました。 エーザイ株式会社の常務執行役を務める内藤景介さんや、認知症の専門医・

          認知症とともに生きる社会を目指して―ライフネット生命×エーザイ×なかやまきんに君イベントレポート

          認知症保険を発売して現役世代の負担を軽減する……ライフネット生命が保険に掛ける思いとは

          2024年4月1日、ライフネット生命は新たに認知症保険「be」の発売を開始しました。 「子育て世代の保険料を半分にして、安心して子どもを産み育てることができる社会を作りたい」という思いで生まれ、若い世代の負担軽減に取り組むライフネット生命が、認知症保険の発売に踏み切ったのにはある理由があります。 エーザイとライフネット生命が共同開発した認知症保険「be」ライフネット生命の認知症保険「be」は、2022年8月より協業に向けた資本業務提携契約を締結したエーザイ社と共同で開発を行

          認知症保険を発売して現役世代の負担を軽減する……ライフネット生命が保険に掛ける思いとは

          就業不能保険選びのポイント②【保険なるほど相談室】Vol.11

          「入らなきゃ、とは思っているけれどよくわからなくて……」、保険を選ぼうとしたときにそんなことを思う方もいるかもしれません。ファイナンシャル・プランナーの黒田先生にアドバイスをいただきながら、少しずつ保険のことをお伝えしていきます。今回は長期間働けなくなったときに備える「就業不能保険」について、見ていきましょう! 就業不能保険選びのポイント②病気やケガで働けなくなった時の収入減少に備える就業不能保険。今回は、就業不能保険はどういった人に必要な保険なのか、ご説明します。 就業

          就業不能保険選びのポイント②【保険なるほど相談室】Vol.11

          就業不能保険選びのポイント①【保険なるほど相談室】Vol.10

          「入らなきゃ、とは思っているけれどよくわからなくて……」、保険を選ぼうとしたときにそんなことを思う方もいるかもしれません。ファイナンシャル・プランナーの黒田先生にアドバイスをいただきながら、少しずつ保険のことをお伝えしていきます。今回は長期間働けなくなったときに備える「就業不能保険」について、見ていきましょう! 就業不能保険選びのポイント①病気やケガをしたときに不安なのは、医療費だけではありません。そうした療養の期間中、収入が減少する可能性もあります。今回は、病気やケガで長

          就業不能保険選びのポイント①【保険なるほど相談室】Vol.10

          人生の決め手に「直観」を信じる私がここぞという時にハズした話[ライフネット生命社員ブログ]

          このnoteをご覧になっている方の中にも、人生の岐路に立った経験をお持ちの方がいらっしゃるでしょう。そんなとき、皆さんは何をもって行く道を決定しますか?データや経験、友人・家族からのアドバイス……そしてこのブログを書いた重原のように、直観を重視する方もいるかもしれませんね。 こんにちは。ダイレクト企画部の重原です。 私はここぞという局面で表出される直観を大事にしています。 過去を振り返ってみますと、例えばどこの高校・大学に進学するのかも、私は直観で決めました。 中学生から

          人生の決め手に「直観」を信じる私がここぞという時にハズした話[ライフネット生命社員ブログ]

          あなたの買い物が社会を支える? 「エシカル消費」とは

          エシカル消費という言葉を耳にしたことはありませんか? 「エシカル」とは日本語で「倫理的」という意味。では、「倫理的な消費」とはいったい何を表しているのでしょう。 「エシカル消費」ってどういう意味?「倫理的な消費」の「倫理」とは、「人間が本来持っている良心に沿った社会的な規範」のことを意味します。「社会的な規範」というと難しく感じますが、私たちの心の中には「環境への負荷は少ない方がいい」「差別や格差はないほうがいい」「地域に貢献したい」といった、「できたら社会にプラスになる行

          あなたの買い物が社会を支える? 「エシカル消費」とは

          大人より注意が必要!? 子どもの熱中症対策を知って親子で夏を乗り切ろう!

          気温が徐々に高くなり始め、春の終わりと夏の始まりを感じる時期。夏季休暇に向けていろいろな予定を立て始めるご家庭も多いでしょう。 しかし、夏が本格的に始まるのと同時に、熱中症のシーズンも始まるということを忘れてはいけません。特に子どもの場合、大人よりも熱中症の影響が大きいとされています。 熱中症とは?熱中症の起こり方となったときの症状 熱中症とは、暑い環境に長時間いたことなどで体温が上昇した結果で起きる体調不良の総称です。 通常であれば暑くて汗をかくことなどで熱を逃がし、

          大人より注意が必要!? 子どもの熱中症対策を知って親子で夏を乗り切ろう!

          生命保険会社に新卒で入社して5年目の私が新卒時代を振り返ってみた[社員ブログ]

          ライフネット生命では毎年、30歳未満の方向けの「定期育成採用」を行っています。今年も4月に5名が入社し、現在は各部との研修に忙しい日を過ごしています。 また、定期育成採用で入社をして数年が経った社員たちは、それぞれの配属先で活躍中! 2019年度入社の重原も、今年度で6年目を迎え、研修を「受ける側」から「する側」へと立場が変わりました。 新年度を迎えたいま、入社時の初心を振り返ります。 「初心忘るべからず」の社会人6年目こんにちは。ダイレクト企画部の重原です。ブログ投稿はn

          生命保険会社に新卒で入社して5年目の私が新卒時代を振り返ってみた[社員ブログ]

          子どもの治療と暮らしを支える第二の家「子どもホスピス」とは?

          こんにちは、ライフネット生命公式note編集部です。 今回ご紹介するのは、重い病気を抱えた子どもとその家族のための「子どもホスピス」です。「子どもホスピス」は、子どもがやりたいようにできること、そして子どもを支える周りの人も安心して過ごせることを目的としています。 私たち編集部は、院内学級で子どもたちを見守ってきた小児科の先生や、がん治療をしながら働く方たちに話を伺ってきました。 みなさんがよくおっしゃっていたのは、病気によって自分らしさを保ちづらくなることがあるというこ

          子どもの治療と暮らしを支える第二の家「子どもホスピス」とは?

          家計管理の方法も“持続可能性”が大切!?【FP黒田の人生相談】

          家計簿をつけた方がいいとわかっていても、面倒くさくてやる気になれない。数字は苦手だし、飽きっぽいので続ける自信がない……という方も多いのではないでしょうか。今回の相談者さんもその一人。 支出と収入をしっかり管理したいと思いつつ、難しいイメージがあってなかなか手を付けられずにいます。赤字にはならないので、なんとなくお金を使ってしまっているそうです。 簡単で、かつ継続しやすい家計管理の方法はあるのでしょうか。黒田先生がずばり指南します。 通帳を使って収支を知ろう簡単で効果的な家

          家計管理の方法も“持続可能性”が大切!?【FP黒田の人生相談】

          子どもが生まれたときの保険の選び方って?

          お子さまが生まれて心機一転新しい毎日が始まると、大変なことも色々あります。けれど、日々成長していく様子を見ていると将来が楽しみに感じられますよね。自分に万が一のことがあったとき、パートナーや子どもの生活はどうなるのだろう……と考える機会も増えるかもしれません。一般的には、お子さまが生まれてからは、生命保険の必要性が高まると言われています。 万が一のための死亡保険、準備する金額の考え方は?お子さまが生まれたタイミングで準備をしておけると安心なのが、死亡保険です。死亡保険とはそ

          子どもが生まれたときの保険の選び方って?

          子どもが社会人になったらお金を家に入れてもらうべきでしょうか?【FP黒田の人生相談】

          今回の相談者さんは社会人1年目のお子さんをお持ちの49歳の主婦。お子さんは実家暮らしを続け、家を出ていく予定はないそうです。 一緒に暮らせてよかったと思いながらも、相談者さんが気になるのが生活費。子どもに生活費を入れてもらってはいませんが、「我が家ではもらっている」というママ友の話を聞くとつい考えてしまいます。 働き始めたとはいってもまだ手取りは少ないはず。とはいえ、社会人なのだからちゃんと生活費を入れてもらうべき? 相談者さんの心は揺れ動きます。さて、黒田先生の判断やいかに

          子どもが社会人になったらお金を家に入れてもらうべきでしょうか?【FP黒田の人生相談】